初心者向け電子マネー

キャッシュレスデビューにお勧めの電子マネー3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

初めて電子マネーを持つ人にむけて、お勧めの電子マネーをご紹介します。

店員さんに聞きながら電子マネーデビュー nanaco

nanacoカードは店頭で手に入る

nanacoはセブンイレブン、イトーヨーカドーなどで使える電子マネーです。

電子マネーの中にはカードをインターネット経由で申し込まなければならないものもありますが、nanacoはセブンイレブンやイトーヨーカドーの店頭で申し込むことで対面で購入できます。

店頭でnanacoが発行できるお店
https://www.nanaco-net.jp/about/nanacocard/nyukai_shop.html

ちなみにカードの発行手数料は300円ですよ。

対面販売の良いところは、最初の説明を店員さんがしてくれること。
疑問点があったらすぐ聞くことができます。

電子マネーを上手に使えるのか、自信がないという人は店頭発行型のカードが絶対おすすめです。

使い方は支払い時にnanacoで支払いますと伝え、カードをレジの読み取り機ににかざすだけです。スピード決済が特徴の電子マネーのメリットを味わえますよ。

だれでもできる簡単チャージ

クレジットカードや銀行と電子マネーを紐付けすれば、家でもお金の継ぎ足し(チャージ)が可能です。しかし電子マネー初心者の場合、ネットでの手続きがこわい・ややこしいと感じる方もいるでしょう(もっともクレジットカードからのチャージはポイント面では大変お得です。電子マネーに慣れてきたら一度試してみるのもよいと思います)。


でもnanacoなら大丈夫。

セブンイレブンやイトーヨーカドーの店頭で、チャージしたい金額を店員さんに渡すだけでチャージ完了です。

他にも、セブンイレブン店頭に設置されたセブン銀行ATMからチャージをすることもできますよ。

チャージができるお店一覧
https://www.nanaco-net.jp/store/#service

ポイントの交換も店頭で


nanacoにたまったポイントは電子マネーとしてnanacoにチャージし、商品の支払いに使うことができます。

このポイント交換手続きもセブンイレブンなどのレジカウンターで店員さんに頼めばOK。

nanacoで獲得できるポイントには、有効期限がありますので、ポイントが失効する前に交換手続きを申し出ましょう。

チャージしたお金の有効期限がない


電子マネーの中には利用から数年がたつと、チャージしたお金が消滅してしまうものがあります。

電子マネーに不慣れな人の場合、結局現金で払うことが多くなりがち。

気が付いたらチャージしたお金が使えなくなっていた!という事態も起こりえます。

でもnanacoには有効期限がありません。

チャージしたお金は期限なく使えるので、使いたいと思ったときいつでも使うことができます(ただし決済時にたまるポイントには有効期限があります)。

注意点 nanacoが使えるお店は近くにある?


nanacoは行きつけのショップで店員さんに各種お手続きをお任せできるデビューにうってつけの電子マネー。

しかし、大手ネット通販での支払いの使い勝手はいまいちだったり(オムニ7など一部ネットショップでは使えます)、セブンイレブン以外のコンビニには対応していないなど、人によっては使いたいときに使えないという状況に陥ることがあります。

特にイトーヨーカドーが近くにない、ローソンやファミリーマートが行き付けのコンビニという人には使いづらく感じるかもしれません。

電車をよく使うならSuica

Suicaカードはみどりの窓口で買える

ŞuicaはJR東日本が発行している電子マネーです。

普段使っている駅のみどりの窓口でSuicaを発行してもらうことができるので、いつも電車を利用している電車通学の人、電車通勤の人なら電子マネーデビューに最適ですね。

使い方が分からなかったら駅員さんに聞くこともできます。

電車通学、電車通勤なら毎日使える

定期券


せっかく電子マネーデビューをしたのに、使う機会がないといつのまにか財布の奥に忘れ去られてしまうのが電子マネー。

しかし電車通学、電車通勤の人なら、suicaを使う機会は毎日訪れます。

自動改札をくぐるとき、切符や定期券の代わりに使えるのがSuicaなのです。もともとSuicaは切符を買わずにキャッシュレスで運賃を支払うための電子マネーとして開発されたものなのです。

いちいち運賃を確認して切符を買う手間を省けるので、急いでいるとき特に便利につかえます。

また前払いの切符と違い、途中下車や乗り越しを気にする必要もありません。

自動券発行機や乗り越し清算機でチャージOK

自動券発行機や乗り越し清算機を使ってSuicaに現金をチャージすることができます。

よく駅を使う人にとっては、いちいちチャージの為に店舗やATMに寄る手間も省け、とても便利です。

チャージの手続きで分からないことがあったら駅員さんに教えてもらおう。

また、各種コンビニの店頭でチャージすることもできます。

全国のショッピングセンターで使える


Suicaは切符なしでの交通機関利用を実現する電子マネーですが、nanacoと同じくお買い物に利用することもできます。

ファミリーマート、ローソン、セブン-イレブン等各コンビニに対応しており、ガスト、イオンなどたくさんの商業施設でも利用可能。

Suicaインターネットサービスに登録することでネットショッピング決済に使用することもできます(ただし対応店舗のみ)。

注意点 地方での使い方が制限されている


SuicaはJR東日本が発行する電子マネーなので、関東以外の地方での使い勝手がどうしても悪くなります。

現在suicaは全国の交通機関で発売されているほかの電子マネーとの相互利用を図っており、地方での使い勝手を向上させるための取り組みを行っています。

しかし、完全に相互互換機能を持たせることは難しいようです。

さらにJR東日本エリアをまたいで別の交通エリアまで電車を乗り継ぎたいときにはSuicaを利用することはできません。

Suicaが利用できる新幹線の種類もかなり制限されています。

JR東日本エリアの外にお住いの人は、自分が普段使っているJRエリアの発行する交通系電子マネーを購入した方が良いでしょう。

また、Suicaを持っていてもJR東日本エリア外に遠出したいというときは、切符を購入する必要があります。

生活にどんどん電子マネーを取り入れたいなら楽天edy

使える範囲が広い


楽天Edyの魅力は、とにかく使える範囲が広いこと。

主要コンビニであるセブン-イレブン 、ローソン、ファミリーマートすべての支払いに対応しています。

また、これらのコンビニレジで店員さんに頼めば、現金チャージもしてくれますから、初めての電子マネーチャージも恐れることはありません。


コンビニだけでなく、デパート・本屋・ホテル・カラオケ店と幅広い範囲で使うことができます。


電子マネーを使おうとしたのに、使えなかった…という経験は電子マネー初心者にとっては大きな心のダメージになります。

使いどころの広い楽天Edyならせっかく購入した電子マネーが使えないというストレスを減らしてくれるでしょう。

広く使える楽天スーパーポイントの利便性


楽天Edyを使うことで貯めることができるポイントは楽天スーパーポイント。

楽天スーパーポイントは楽天Edyにチャージして、電子マネーとして使えるほか、総合ネットショッピングサイト楽天市場で使うこともできます。

また電子マネーに交換する手続きを踏まなくても、「楽天スーパーポイントのまま」使えるお店も多彩。マクドナルド、くら寿司、ミスタードーナツ、ビックカメラにコスモ石油と生活に関わる多くのお店で楽天スーパーポイントを使うことができます。

ポイントを電子マネーにチャージする手続きが分かりにくい、面倒だという人にとっても楽天Edyは使い勝手の良い電子マネーです。

ネットショッピングとの相性も抜群

インターネットショッピングサービスの大手、楽天が発行する楽天Edyですから、ネットショッピングとの相性も抜群です。自社の抱える楽天市場での買い物に使えるのはもちろん
・amazon
・DMM.com
・Line Store
・Gree
・mora
など名だたるネットショッピングサイトの支払いに利用することができます。またオンライン経由でユニセフ等の団体に寄付をすることも可能です。

後のクレジットカード連携を考えるとedyは選んで損なし


電子マネーはクレジットカードからお金をチャージすることでよりお得に使うことができます。

電子マネーデビュー時は無理をせず、レジにて現金でチャージしてもらうのが一番だと思いますが、いつかはよりお得なクレジットカードとの連携を目指す日も来るかもしれません。


楽天Edyは後のクレジットカードチャージにおいても、とても有利な電子マネーです。それは同じ楽天系列の楽天カードが比較的作りやすいクレジットカードだからです。

審査も通りやすいので、フリーターや主婦の方でも持ち安いカードだといわれています。

楽天カードから楽天Edyにチャージを行えば、200円につき楽天ポイントが1ポイントが貯まります。もちろん楽伝Edyで支払うときにもポイントがつきますから、ポイントの2重どりができてしまいます。

さらに楽天カードは年会費が無料のうえ、入会時に多額のポイントバックをしてくれることでも有名なクレジットカードです。

ぜひ、下記バナーから詳細を確かめてみてください。

ポイント2重どりの仕組みについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

注意点 カードはインターネット経由でしか手に入らない


初心者にも魅力的な電子マネー楽天Edyですが、実は電子マネー対応のEdy-楽天ポイントカードは店頭では手に入りません。

インターネット経由で購入する必要があるのです。

これはネットショッピングに不慣れなひとにとってはやや敷居が高いかもしれません。

しかしその分Edy-楽天ポイントカードにはいろいろな種類があります。

シンプルなものからリラックマのかわいいデザイン付きのもの、スポーツマスコットデザインのものなど見ているだけで楽しい品揃え。

周りとは一味違う電子マネーカードを持ちたい人には逆にお勧めできるカードです。

こちらのサイトから簡単に購入できますので、まずはどんなカードがあるのかだけでもチェックしてみてはいかがでしょうか。

※記事内の写真提供元は写真AC・イラストAC・pixabayです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

タグ

コメントを残す

*